Xamarin.FormsでTwitter APIを使ってみるの第3弾として、フォロー・ブロック・スパム報告をしてみたいと思います。

CoreTweetのバージョン5.3を使用しています。

前回の記事

 

CoreTweetの使い方

フォロー

かりまたかりまた

トークンのFriendships系を使えば簡単にフォロー出来ます。

アンフォロー

ブロック

かりまたかりまた

ブロックに関してはBlocks系を使用します。

アンブロック

かりまたかりまた

他のメソッドと同じように、Destroyすればブロックを解除できます。

スパム報告

かりまたかりまた

スパム報告を取り消すメソッドは用意されていないようです。

まとめ

  • フォロー・アンフォローはFriendshipsを使おう
  • ブロックがしたければBlocksを使えば良い
  • スパム報告はUsersからできる