一行のみの入力をするコントロールであればEntryコントロールを使用すれば良いですが、

複数行の入力をしたい場合にはEditorコントロールを使用すると良いです。

今回はこのEditorコントロールの全てのPublicプロパティと実際の動作についてまとめてみました。

Editorの使い方

かりまたかりまた

使い方は簡単で、以下のようにXamlに記述するのみです。

実際にどう動くのか?

WindowsAndroidiPhone

 

かりまたかりまた

特にプロパティを設定せずにEditorを配置するとこれらのように表示されます。Entryコントロールの場合もなのですが、iPhoneではプロパティを指定していないと配置しているかどうかが非常に分かり辛いですね。

EditorのPublicプロパティ一覧

FontAttributesプロパティ
FontFamilyプロパティ
FontSizeプロパティ
Textプロパティ
TextColorプロパティ

EditorのプロパティをXamlで適用してみる

りんちゃんりんちゃん

MainPage.xamlに以下のように記述してみてにゃ~。

WindowsAndroidiPhone

 

かりまたかりまた

今回はFontFamilyMS P明朝を設定していますが、この書体が反映されているのはWindowsだけですね。プラットフォーム毎で適用できる書体が違ってそうですね。

コードビハインドでEditorを設定してみる

りんちゃんりんちゃん

コードビハインドに以下のコードを書いてみるのにゃ~。


EditorのPublicイベント一覧

Completedイベント
TextChangedイベント

EditorのCompletedイベントを使ってみる

かりまたかりまた

MainPage.xamlには以下のように記述してください。


かりまたかりまた

このように、Completedイベントはコントロールからカーソルが離れた際に発火するイベントです。

EditorのTextChangedイベントを使ってみる

かりまたかりまた

以下のように記述してください。


かりまたかりまた

これらが使いこなせればEditorコントロールをマスター出来たも同然ですね。