皆さんお馴染みのラベルコントロールです。

今回はこのLabelコントロールの全てのPublicプロパティと実際の動作についてまとめてみました。

Labelの使い方

かりまたかりまた

使い方は簡単で、以下のようにXamlに記述するのみです。

実際にどう動くのか?

Windows8.1AndroidiPhone
かりまたかりまた

Textプロパティのみを設定してLabelを配置するとこれらのように表示されます。

LabelのPublicプロパティ一覧

Fontプロパティ
FontAttributesプロパティ
FontFamilyプロパティ
FontSizeプロパティ
FormattedTextプロパティ
HorizontalTextAlignmentプロパティ
LineBreakModeプロパティ
Textプロパティ
TextColorプロパティ
VerticalTextAlignmentプロパティ
XAlignプロパティ
YAlignプロパティ

LabelのプロパティをXamlで適用してみる

りんちゃんりんちゃん

MainPage.xamlに以下のように記述してみてにゃ~。


Windows8.1AndroidiPhone

FormattedTextプロパティを使ってみる

りんちゃんりんちゃん

Xamlに以下の様に記述してみるにゃ~。


Windows8.1AndroidiPhone
りんちゃんりんちゃん

FormattedTextプロパティを使うことで、一行のテキストの中で書式を変えることができるのにゃ~。

LineBreakModeプロパティを使ってみる


Windows8.1AndroidiPhone
LineBreakMode説明
CharacterWrap文字の境界で折り返します。
HeadTruncation頭の文字を切り捨てます。
MiddleTruncation途中の文字を切り捨てます。
NoWrapテキストを折り返しません。
TailTruncation後ろの文字を切り捨てます。
WordWrap単語の境界で折り返します。
りんちゃんりんちゃん

〇〇Wrapは折り返しで、〇〇Truncationは文字の切り捨てを行うプロパティだと思ってれば大丈夫だにゃ~。

りんちゃんりんちゃん

それと、CharacterWrapWordWrapがそれぞれ正しく効いているのはiPhoneだけだにゃ~。

コードビハインドでLabelを設定してみる

りんちゃんりんちゃん

コードビハインドに以下のコードを書いてみるのにゃ~。


Windows8.1AndroidiPhone