複数の中から一つを選ぶ場面って結構あると思います。

例えば、「赤・青・黄色、好きな色はこのうちどれですか?」とか「あなたの生まれた元号はどれですか?」とか。

そういった、複数の項目から一つを選ぶ際に使えるのがPickerコントロールです。

今回はこのPickerコントロールの全てのPublicプロパティと実際の動作についてまとめてみました。

Pickerの使い方

かりまたかりまた

使い方は簡単で、以下のようにXamlに記述するのみです。

実際にどう動くのか?

Windows8.1AndroidiPhone
かりまたかりまた

プロパティを設定しないでPickerコントロールを配置するとこれらのように表示されます。コントロールの表示自体はされますが、当たり前のように何も選択することはできません。

PickerのPublicプロパティ一覧

ItemDisplayBindingプロパティ
【read-only】Itemsプロパティ
ItemsSourceプロパティ
SelectedIndexプロパティ
SelectedItemプロパティ
TextColorプロパティ
Titleプロパティ

PickerのプロパティをXamlで適用してみる

りんちゃんりんちゃん

MainPage.xamlに以下のように記述してみてにゃ~。

Windows8.1AndroidiPhone

PickerのPublicイベント一覧

SelectedIndexChangedプロパティ

Pickerのイベントを使ってみる

りんちゃんりんちゃん

Xamlはさっきのにイベントを追加するのにゃ~。


りんちゃんりんちゃん

コードビハインドにはさっきのコードにちょっと手を加えた形にするのにゃ~。


Windows8.1AndroidiPhone
かりまたかりまた

Pickerコントロールの選択されているインデックスが変更された際にイベントが発火します。なので、iPhoneの場合は値を選択している途中でイベントが発火している訳ですね。

Xamarin.Forms 2.3.4以降から使えるプロパティについて

かりまたかりまた

Xamarin.Forms 2.3.4以降からは以下のプロパティが使えるようになりました。

  • ItemsSourceプロパティ
  • ItemDisplayBindingプロパティ

ざまりんふぉーむずマンさんが以下の記事を書いてくださっていますね。