iOSアプリの設定画面などで利用されているのがテーブルビューコントロールです。

今回はこのTableViewコントロールの全てのPublicプロパティと実際の動作についてまとめてみました。

TableViewの使い方

実際にどう動くのか?

Windows8.1AndroidiPhone

TableViewのPublicプロパティ一覧

HasUnevenRowsプロパティ
Intentプロパティ
Rootプロパティ
RowHeightプロパティ

TableViewのプロパティをXamlで適用してみる

りんちゃんりんちゃん

プロパティを使ってみるにゃ~。

HasUnevenRowsプロパティ

りんちゃんりんちゃん

HasUnevenRowsプロパティTrueに設定することで、テーブルビューの中身に応じて高さが自動的に変更されるにゃ~。


Windows8.1AndroidiPhone
かりまたかりまた

(サイズを変えられるプロパティが無いから効いてるのかよくわからん)

Intentプロパティ

りんちゃんりんちゃん

Intentプロパティを使うことで、用途目的に合わせたテーブルビューに変更できるのにゃ~。


Intent = DataIntent = Form
Intent = MenuIntent = Settings
かりまたかりまた

(なるほど、違いがほとんどわからん)

りんちゃんりんちゃん

それぞれのインテントの違いについては以下の通りだにゃ~。

テーブルインテント説明
Data任意の数の類似したデータエントリを含むことを意図したテーブル。
Form通常はフォームに含まれる情報を格納するために使用されるテーブル。
Menu選択のためのメニューとして使用するための表。
Settings一連のスイッチ、トグル、またはその他の変更可能な構成設定を含む表。

Rootプロパティ

りんちゃんりんちゃん

Rootプロパティを使うことでテーブルビューにセルを割り付けることができるのにゃ~。実は冒頭からすべてのコードで使ってたのにゃ~。

RowHeightプロパティ

りんちゃんりんちゃん

RowHeightプロパティを使うことでセルの大きさを変更できるのにゃ~。


Windows8.1AndroidiPhone

コードビハインドでTableViewを設定してみる

りんちゃんりんちゃん

コードビハインドに以下のコードを書いてみるのにゃ~。


りんちゃんりんちゃん

Xamlで書いた内容と似ているので動作画面は省くのにゃ~。