時間を選択する際に便利なTimePickerというコントロールがあります。

今回はこのTimePickerの全てのPublicプロパティと実際の動作についてまとめてみました。

TimePickerの使い方

かりまたかりまた

使い方は簡単で、以下のようにXamlに記述するのみです。

実際にどう動くのか?

Windows8.1AndroidiPhone
  
かりまたかりまた

特にプロパティを設定せずにTimePickerを配置するとこれらのように表示されます。iPhoneではいつも見ているUIなのでお馴染みなのですが、AndroidTimePickerはかっこいいですね。

TimePickerのPublicプロパティ一覧

Formatプロパティ
TextColorプロパティ
Timeプロパティ

DatePickerのプロパティをXamlで適用してみる

りんちゃんりんちゃん

MainPage.xamlに以下のように記述してみてにゃ~。


Windows8.1AndroidiPhone
 
りんちゃんりんちゃん

TimePickerのFormatプロパティには以下の書式指定文字が使えるのにゃ~。

書式指定文字列説明
h12 時間形式で表される 1 桁または 2 桁の時間。
hh12 時間形式で表される 2 桁の時間。値が 1 桁の場合、前に 0 が付きます。
H24 時間形式で表される 1 桁または 2 桁の時間。
HH24 時間形式で表される 2 桁の時間。値が 1 桁の場合、前に 0 が付きます。
m1 桁または 2 桁の分。
mm2 桁の分。値が 1 桁の場合、前に 0 が付きます。
s1 桁または 2 桁の秒。
ss2 桁の秒。値が 1 桁の場合、前に 0 が付きます。
t1 文字の AM/PM の省略形 (“AM” の場合は “A”)。
tt2 文字の AM/PM の省略形 (“AM” の場合は “AM”)。
りんちゃんりんちゃん

書式指定文字列でHHと指定した時に変更されるのは表示上24時間形式になるだけで、どのプラットフォームでも時間を選択するUI自体は変わらないのにゃ~。

コードビハインドでTimePickerを設定してみる

りんちゃんりんちゃん

コードビハインドに以下のコードを書いてみるのにゃ~。

りんちゃんりんちゃん

色々試してみるとおもしろいのにゃ~。