勝手にオザマリンの最初の記事として、Xamarinプロジェクトの作り方を説明していくよ!
ワクワクするよねwkwk!
ただ、色々と設定が上手くいっていないとエラーが頻発するかもなので、しっかり喰らいついてきてください!

 

この記事について

かりまたかりまた

ということで、ようやく記事らしい記事を書いていこうかと思います。今回はXamarinプロジェクトの作り方!です。

りんちゃんりんちゃん

Xamarinってすぐにエラーが出ちゃうから始めるまででハードルが高いにゃ

それなの人それなの人

それな

Xamarin.Formsのプロジェクトを新規作成

かりまたかりまた

環境はVS2017RC Community版を使ってます。VSを起動したら
ファイル>新規作成>プロジェクトとクリックしてください。

 

かりまたかりまた

次に左にある、インストール済み>Visual C#>Cross-Platformを選択してください。真ん中にあるBlank Xaml App (Xamarin.Forms Portable)を選択して、名前をStartUpTestとでも付けましょう。最後に OKをクリックしてください。

かりまたかりまた

すると、プロジェクトが完s……アルエェ…?

りんちゃんりんちゃん

なんだか不穏な空気が流れてるにゃ

進捗ダメです進捗ダメです

「サブプロジェクト “StartUpTest.Droid”の作成中にエラーが発生しました。This property is not valid when the SDK is not installed」と表示されていますね。進捗ダメです!

 

かりまたかりまた

とりあえず、ザマリンフォームズは作成できたのでこの記事はここで終了ということで…

安西先生安西先生

諦めたらそこで試合終了ですよ?

かりまたかりまた

安西のアニキ…。

安西先生安西先生

うまくいかないことも沢山あるだろう。

しかし、Xamarinと向き合うには断固たる決意が必要なんだ!!

Xamarinのプロジェクト作成時にエラーが起こったらどうすれば良いの?

かりまたかりまた

とは言ったものの、今回の記事はXamarin Formsを作るのが目的だったので、トラブルシューティングに関しては別記事に纏めたいと思います。記事が出来次第、ここに追記させて頂きますね。

かりまたかりまた

ということで、「Xamarinのプロジェクト作成時にエラーが起きてしまう件について」纏めてきました!プロジェクト作成時にエラーが出る方はこちらを参考にしてください。

仮想デバイスの作成方法

かりまたかりまた

デバッグをするには実機と繋げるか、仮想デバイスが必要となります。仮想デバイスの作り方は「仮想デバイスの作成方法について」で纏めましたのでご覧ください。

最後に

かりまたかりまた

細かい事は別の記事にはなってしまいましたが、ザマリンのプロジェクトは無事に作れたでしょうか!「設定が正しくできてるはずなのに動かない…。」そんな時は設定をミスってると思います!w

りんちゃんりんちゃん

「このエラー、どう解消すればいいか分からないんだけど…。」というようなことがあれば気軽にコメントをしてほしいにゃ~