CarouselPage(カルーセルページ)について纏めてみました。

CarouselPageを使う事で、一つの画面だけでなく複数の画面を操作する事が出来るようになります。

ContentPageよりも柔軟な画面の動きを見せる事ができ、アプリらしい見栄えにすることができます。

CarouselPageの動き方について

かりまたかりまた

CarouselPageを使うとどのように動くかをまずは見てみましょう。この例では、背景が赤・緑・青の3ページを持っています。スワイプすることでそれぞれのページに遷移します。

Windows8.1AndroidiPhone

CarouselPageって一言で言うとなによ?

りんちゃんりんちゃん

シンプルに、複数のContentPageを設定できるページがCarouselPageということだにゃ~。

CarouselPageの作り方(コードビハインド メイン)

かりまたかりまた

かなり情報が少なかったのですが、冒頭のページに書かれてあるコードに自分なりに手を入れてみました。基本的にはコピペで大丈夫ですが、プロジェクト名などは適宜変更してください。


かりまたかりまた

コードビハインドは以下の様にしています。

ContentPageとの違い

りんちゃんりんちゃん

CarouselPageを作る際にはXamlCarouselPageタグで囲ってやる必要があるにゃ~。画面の切り替えがないならここはContentPageタグで囲っている箇所だにゃ~。

 CarouselPageの作り方(Xamlのみ)

りんちゃんりんちゃん

XamlのみでCarouselPageを構築してみるのにゃ~。


Windows8.1AndroidiPhone

まとめ

  • CarouselPageはContentPageを複数持てるページ
  • スワイプでページ遷移ができる