MVVMを強力にサポートしてくれるPrismですが、Prismを導入するのも意外と面倒だったりします。

そんな面倒をテンプレートを作った段階で解消してくれるPrism Template Packがあります。

前回はMacでの導入方法・動作のさせ方について纏めましたが、今回はWindowsの方を書きます。

Prism Template Packの導入方法について

りんちゃんりんちゃん

Prism Template Packの導入方法は二通りあるのにゃ~。

導入手順

①サイトからダウンロード

りんちゃんりんちゃん

上記のサイトからダウンロードするだけで完了なのにゃ~。

②拡張機能と更新プログラムから取得

かりまたかりまた

ツール>拡張機能と更新プログラムと進んでください。

かりまたかりまた

オンライン>Prismと検索>Prism Template Packをダウンロードしてください。

りんちゃんりんちゃん

以上だにゃ~。

Prism Template Packを使用してみる

テンプレートの選択

りんちゃんりんちゃん

新しいプロジェクトを作成してみるのにゃ~。そうすると、プロジェクトの選択画面で以下の様にテンプレートが増えているのにゃ~。ここでは、Prism.Ninject App (Xamarin.Forms)を選択するのにゃ~。

りんちゃんりんちゃん

テンプレートを選択すると、作成するプロジェクトが聞かれるのでとりあえずAndroidiOSを選択して CREATE PROJECTボタンを押すのにゃ~。

作成されたソリューション

りんちゃんりんちゃん

すると、以下の様にソリューションが作られるのにゃ~。最初からPrismが読み込まれており、フォルダ構成もPCL直下にViewsフォルダViewModelsフォルダが最初から配置されているのにゃ~。

読み込まれたDIライブラリ

りんちゃんりんちゃん

このソリューションを作成する際にPrism.Ninject App (Xamarin.Forms)を選んだのにゃ~。だから初期状態でDIライブラリNinjectも読み込まれているのにゃ~。

実行してみる

りんちゃんりんちゃん

実行してみると、すんなりビルドが通ってくれて以下の様になるのにゃ~。

DIについて

DIとは?

かりまたかりまた

Prism Templateでソリューションを作成した場合、DIのライブラリが自動的に読み込まれます。ちなみに、DIについては以下の記事で説明しています。

Prism Template使用時にデフォルトで使えるDIライブラリ

かりまたかりまた

以下の4つのテンプレート、いずれかを使用することが出来ます。それぞれがどう違うのかについては後日纏めたいと思います。

  • Autofac
  • Ninject
  • StructureMap
  • Unity

まとめ

  • Prism Template PackをWindowsに適用させる場合には2通りある
  • Macと比べて、導入が非常に楽
  • Prism、DIのライブラリが最初から読み込まれておりMVVMが最初から適用されている構成になっている
  • 追加されるテンプレートは4種類でデフォルトで読み込まれているDIライブラリが異なる